注文住宅などはフクシマ建設で【センスフルな住宅づくり】

カタチのコンセプト

Attractive house

住宅には色々なコンセプトがあり、済む人はそのコンセプトを理解することで住宅を快適に利用できます。特に、最近では二世帯住宅が増えてきていて、高齢者がいる家庭ではとても住みやすい住宅となっています。

Read More...

シックハウス

Attractive house

注文住宅は高額ですが、多くの方から人気の住宅となります。なぜなら、自分である程度のデザインを決めることができるからです。そのため、間取りも自分の好きなように決めることが出来ます。

Read More...

ハウスメーカーに出す

Attractive house

注文住宅は、おおまかに土地の金額と建物の金額で分けられます。特に、土地の値段は重要になっています。なぜなら、土地は常に値段の変動をしているからです。そのため、土地が安い時に買うことが重要です。

Read More...

フラットな壁

限られた空間を有効活用することの大切さ

Beautiful house

都心部などでは特に空き地が少なく一区画が狭くなる傾向にあります。土地が狭いということは必然的に建物の大きさも小さく制限されることになります。そうなると限られた空間をいかに有効活用するかが重要になります。注文住宅はこうした限られた空間でもその土地に合った住宅がデザインできるのです。空間を有効活用する方法の一つに収納の作り方というものがあります。壁の厚みでさえも収納として活用しようというものです。もちろんすべての壁をくりぬいたり収納として活用できるわけではありません。二階との兼ね合いで一階の壁には角ではないところにも柱を建てる必要があるケースもあります。更に筋交いと呼ばれる斜めに建物の強度を保つための補強部材を入れる必要がある壁もあります。まずは構造上きちんと強度の出るように設計する必要がありますが、家の壁の多くはただ塞がれているだけというものも多いのです。特にハウスメーカーなどある程度規格化された注文住宅では壁を収納に変更するには追加費用が発生することも多いですが費用を払ってでも施工するメリットもあるのです。

収納の考え方と必要な収納

そのまま塞いでしまえば周囲とフラットな壁になってしまいますが、少し奥行きをもって棚を設置するだけで収納棚となります。更にそこに扉を設置してしまえば柱の厚み分しか奥行きはありませんが立派な収納になります。リビングなら文房具などペン立てや綿棒などの薬類などを収納するのには十分ですし漫画本ならこの奥行でも十分収納できるのです。 このほかにも階段下を収納にしたり壁でなく収納棚を空間の仕切りとして利用する方法もあります。注文住宅ではこうした空間の有効利用に関する提案も数多く行ってもらえます。限られた空間ではいかに無駄なスペースを排除できるかで収納の量を確保することができるのです。とはいえどこでもかしこでも収納スペースにするのは非効率的といえます。収納スペースも必要なところに必要な大きさのスペースがあることでリビングなど居住スペースをきれいに保つことができるのです。せっかく注文住宅を建築するのでもちろん予算の許す範囲で行うべきですが収納スペースをしっかりと計画することで満足のいく家づくりを行うことができるのです。